火災保険で雨漏りが補償されるケースについて

subpage01

最近の日本では、強烈な台風やゲリラ豪雨が増えてきたため、短時間に集中的に大量の雨が降ることが多くなってきました。

そんな雨の後に雨漏りを見つけてショックを受けたという人も多いのではないでしょうか。
床下浸水などの被害に比べると、被害の規模としては小さいものですが、放置しておくと柱などの木材を侵食してしまうため、建物の構造に影響を及ぼす可能性があります。



放っておくと、建物の建て替えが必要になることもあるので、見つけたらすぐに修理する必要があります。
そうは言っても、雨漏りの修理費用は安いものではありません。



すぐに払えないからと先延ばしにしてしまう人も多いようですが、時間が経てば経つほど被害が拡大し、修理費用がかさむことになるのですぐに対応する必要があります。
雨漏りを発見したら火災保険が使える可能性について考えてみると良いでしょう。



火災保険は火事の時だけではなく、風災や雪、ひょうによる災害の場合も保険金が支払われます。


雨漏り自体を補償してくれるわけではありませんが、台風で屋根の一部が剥がれてしまい、そこから雨水が侵入した場合は補償の対象となります。


このようなケースでは原因が台風なので、雨による損害でも補償の対象となるのです。
積雪によって雨樋が壊れてしまった場合も同様です。
主な原因が老朽化の場合は、対象となりませんが、100%老朽化が原因ではない場合は補償の対象となる可能性もあるので、雨漏りを発見したら、まずは専門の業者に原因の調査を依頼するようにしましょう。