屋根や外壁などさまざまな部分から雨漏り

subpage01

雨漏りときくと、大雨などで天井から雨水が漏れてくることをなんとなくイメージできる方もいるでしょう。


基本的に、屋根の劣化、亀裂、隙間などから雨水が浸入し、それが雨漏りの原因になることは多いといわれています。

ですが、なにも雨水が住宅内に浸入してくるのは、屋根だけではありません。

外壁なども、亀裂など長年、風雨や気温の変化などにより劣化してくることで、ダメージを受けています。



その部分から、雨漏りをすることも考えられます。



そのため、屋根や外壁などある程度の期間、その家に住み続けている場合には、業者に依頼して点検してもらうことも大切です。

まだ、それほど大きなダメージになっていなければ、雨漏りなどもそれほど酷くない状態で被害も最小限に食い止めることもできるでしょう。

また、アパートやマンションなどに住んでいる場合には、屋上などから雨水が漏れてくるという被害を受ける場合があります。


最上階に住んでいる場合には、屋上に雨水が溜まり、なんらかの原因で、雨水が、自分の住んでいる部屋などに漏れてきてしまうケースもあるため、アパートやマンションなどに住む場合に、最上階に住む方はある程度、その辺のリスクも考慮しておきましょう。

風雨により、雨水などの影響を受け、住宅などにおいてもそれなりに被害がでてしまうことがあります。


被害をできるだけ最小限に食い止めるためには、雨水が漏れているということを早期発見し、また、できるだけ早く、応急処置や修理をすることが大切です。