雨漏りの修理に保険が使える可能性について

subpage01

夏季のゲリラ豪雨や梅雨時期の強烈な台風など、最近の日本では短時間に大雨が降ることが増えてきました。そんな大雨のあとに、家の屋根や壁の雨漏りを発見してショックを受けたという人も多いのではないでしょうか。放置しておくと被害が拡大するため、すぐに修理する必要があります。

そうは言っても雨漏りの修理には結構な費用がかかるので、そんなときには保険が使える可能性について検討してみると良いでしょう。



雨漏り自体を補償してくれることはないのですが、その原因によっては火災保険や地震保険が使える可能性があります。

保険は、突然起きたものや偶然起きたもので自分が原因ではないものの場合使えることになっています。



建物が古くなったことで起こる雨漏りは突然起きたものではないので、補償の対象とはなりませんが、台風で屋根瓦が吹き飛んでしまった場合や、地震で壁に亀裂が入った雨水が侵入した場合などは保険が使える可能性があります。
火災保険では地震は対象外で、地震保険では台風は対象外なので、申請する際には注意が必要です。

また、火災保険はほとんどの人が加入していると思いますが、地震保険は高額なため、加入していない人も多いようですので、まずは自分がどんな保険に入っているのかを確認してみましょう。



素人には雨漏りの原因を特定することはできないので、まずは専門の調査会社に調査を依頼しましょう。

結果によっては、実質無料で修理ができる可能性があります。